トップページへ
祭りや伝統行事 > 伊福 ・ 太良町 ・ 佐賀県
およごし (火の神様祭り)      2月19日
   私たちの住む太良町伊福地区では毎年2月19日およごしをつくる習わしがあります。

   寛政4(1792)年2月19日に集落全部を焼き尽くす大火があり、皆が途方に
   暮れていたときに、さる徳人が「はぎなおよごし」でも食べて元気を出しなさいといって
   励ましたといいます。以来、この日を火の神祭りと呼び、およごしを作り伝えてきました。
およごし

当日婦人たちは組ごとに材料を持ち寄り午前中かけて作ります。
午後には消防団の協力の下による”消火訓練”があります。

  主材料  豆腐、ゴマ、砂糖、みそ
         大根、人参、ほうれん草,、
         しいたけ、 
    
 
これがおよごしです。
野菜を切る
みんなで丸くなり野菜を切ります。 豆腐と味噌と砂糖とよーく混ぜ合わす。
ぬたを混ぜ合わす 材料は手元でそろうものばかりで、
栄養分も豊富です。

かつてはハギナ(ヨメナの幼葉)や
せりも使ったそうです。

トップページへ  
〒849-1601 佐賀県藤津郡太良町伊福甲331 Tel/Fax 0954-67-0631
果樹園みかんの木  澤山里美  sawa@mikannoki.com
Copyright 2004 Sawa.farm All right reserved