Top
我が家の田んぼ 2004
 9月9日
 




 稲刈りも無事すみました。
 
 田んぼには稲ワラが
 残されています。

 デコポンの畑に
 敷きます。
9月9日

田んぼの脇では
今年はじめてみる
彼岸花が咲いていました。

その鮮やかな赤い色は
野山の緑一色に
とても映えて
きれいです。
9月9日

やっと稲刈りになりました。

台風16号で倒れ、そして台風18号でさらに追い討ちを
かけられ、なかなか大変な稲刈りでした。

向こうのほうではおじいちゃん、おばあちゃん、
そして私が手刈りをしてます。
8月30日 九州を台風16号が縦断する。

我が家の田んぼは若干の猪の被害はあるものの
いい出来でした。

しかしこの台風でなぎ倒されてしまいました。
もう刈り時が来ているのに
どうなるか心配です。
うちの田んぼの隣で稲を作っているマツジおんちゃんです。
(このあたりではおじさんのことを’おんちゃん’という)

伊福の中では反対側の集落に住んでいるから
普段はあんまり会わないけど、
田んぼに来ると会います。

マツジオンちゃんは、米つくりが命です。
体がだいぶきつそうですが、それでも田んぼに来ます。
私はマツジおんちゃんが大好きです。
マツジオンちゃん、田んぼでずっとずっと会おうね

    −8月21日ー
実るほどこうべ垂れる稲穂かな

少し病気も入ってるけど、消毒はしなくていいよ
お父さん!


 8月8日
 さあ、ぐんぐん ぐん
 ぐん
 大きくなるよ

 
今年は
天気に恵まれ
なんだか株の張りが
いいようですね。


 
  −7月ー
さあ、田植えだよ!

子供たちは、もうみんな小学生以上になったけど
まだ小さいとき 代掻きをする前に
水をためた水田で、泥んこになって泳いでました。

直サンはそうやって子供を育てています。

”さあ、今年もこれで一安心!”

    −田植えー  5月中旬
直サンは実はこれが嫌い!

たった一反5畝なのに、
4面全部塗らなくてはいけま
せん。

"腰のいたかよう〜”




ーあぜ塗りー5月中旬
私たちが住む伊福の谷の山深く
我が家の田んぼがあります。

といっても家族8人が一年間に食べる分
田んぼ2枚、一反五畝(15a)です。

直サンは”米は経済的でない!”と、嫌がりますが
私は”米つくりは百姓の魂だ!”と、執着します。
しかし、日常の管理はお父さん!!

  −水ためー  5月上旬
 トップページへ  みかん畑へ

〒849-1601 佐賀県藤津郡太良町伊福甲331 Tel/Fax 0954-67-0631
果樹園みかんの木  澤山里美   sawa@mikannoki.com
Copyright 2004 Sawa.farm All right reserved

shop